多汗症(わきの汗止め治療)

切らずにできる!わき汗を抑える多汗症治療

わき汗を抑える多汗症治療

汗を出す汗腺は2つあります。発汗させ体温調節や雑菌の侵入を防ぐ「エクリン汗腺」と、脇の下、股間、耳の中、乳首のまわりなどに特定の場所に集まっている「アポクリン汗腺」です。エクリン汗腺から出る汗はほとんどが塩水で、あまり臭いませんが、通常よりも量が多い場合に多汗症と呼ばれます。アポクリン汗腺は発達するとわきが臭の元となる 薄黄色の粘り気のある汗を出します。スキンクリニックの多汗症治療では、レーザー治療による根治治療とボトックス注射を行っています。臭いが気になる方は、レーザー脱毛を併用して行うことをおすすめします。

  • ※エクリン汗腺⇒全身に分布。特に脇の下、手のひら、足の裏に多く存在します。
  • ※アポクリン汗腺⇒特定の部位に集まる。脇の下、股間、耳の中 、乳首のまわり

わき汗を抑える 多汗症レーザー治療(新宿・大宮・京都院のみ)

レーザー照射の施術で、エクリン汗腺、アポクリン汗腺を破壊し、汗の量を大幅に減らすことができます。施術後のダウンタイムはなく、入浴や運動などの制限はありません。効果の目安としては、1回の施術で30~40%汗が減少、3回の施術を終えた時点では70~80%程度減少します。汗腺組織自体を破壊していく施術なので、効果は半永久的持続します。
※施術は脇のみになります。
※効果には個人差があります。

レーザー治療


施術の流れ

  • カウンセリング
    問診と症状、状態を確認し、治療回数やスケジュールをご相談します。 ※カウンセリング当日にも施術できます。
  •  
  • 麻酔クリーム
    麻酔クリームを施術部位に塗布して30分待ちます。(注射による麻酔はなし)
  •  
  • レーザー照射
    体の大きさにより照射面積が多少違いますが、両わきで10分程度です。
  •  
  • 終了
    包帯や絆創膏など必要がなく、治療当日から入浴も可能です。

施術費用

1回 65,000円
3回セット 180,000円

※1~2ヵ月の間隔を空け2~3回程度が効果的な施術の目安になります。

ボトックス注射で汗を軽減

ボトックスには神経伝達物質の放出を止める働きをします。汗をかきやすいワキの下などに皮下に注入し交感神経線維をブロックします。

※当院では一施術につきボトックスを100単位(1瓶)ずつ使用するため、薬剤の効果が最も高い状態で注射できます。そのため、1回の施術で効果は約半年持続し、脇の下全体の範囲をしっかりカバーすることができ、汗の量は80%以上減少させることができます。

治療時間
約5分
対応部位
ワキの下、手のひら、足の裏
アレルギーテスト
不要
施術後
特に制限なし、 施術したその日から入浴も運動もOK
効果
約4~6ヵ月間 / 1回の治療
繰り返し治療を受けることで、更に効果的です。

レーザー脱毛との併用(臭いが気になる方へ)

ワキに毛があると雑菌が繁殖しやすく臭いが発生しやすいので、特に臭いが気になる方はレーザー脱毛をあわせて行うことをおすすめします。ボトックス注射とレーザー脱毛(5回)のセットもあります。 詳しくはお気軽にお尋ねください。