肝斑治療

主に30代~50代の女性に見られる左右対称なシミです。両頬や両頬骨に見られることが多いのですが、こめかみ~おでこや口の周り(特に鼻の下)に出ることもあります。原因としては女性ホルモンの加齢と共に起こるバランスの変化や乱れによって起こりやすく生理前に濃くなったり妊娠をきっかけに目立ってきたりピルの内服等婦人科での治療をきっかけに出ることもあります。ですから男性に見られることは殆どありません。(男性はあまり顔がくすんだとは言いませんよね)その他には、不適切な化粧品の使用によって濃くなることもあります。また他のシミと同様に、日焼けによって濃くなります。


スキンクリニックグループ総院長石井 良典

  • 日本臨床皮膚外科学会 認定医・理事
  • 日本抗加齢美容医療学会 理事
  • 日本臨床毛髪学会 認定医・理事

治療方針

いろいろな原因によって起こる肝斑の治療は、いくつかの治療を組み合わせ、総合的にコントロールしていくことが大切です。しっかりとした治療を行うことでかなり改善することが出来ます。通常、3ヶ月を1クールとして、1~3クールの治療を目安とします。レーザー治療は基本的に効果がありません。


以下[1]~[3]の治療が基本になります。

[1]飲み薬

トラネキサム酸
28日分 3,000円(税別)
ビタミンC
28日分 2,000円(トラネキサム酸とのセットで4,000円)

大阪院は、飲み薬、塗り薬、化粧品の販売のみになります。

[2]イオン導入

ビタミンCやトラネキサム酸などの有効成分をお肌に深く効果的に浸透させます。1~2週間に1回のペースで行います。


ビタミンCイオン導入
5,000円
トラネキサム酸イオン導入
5,000円
ビタミンCイオン導入+トラネキサム酸イオン導入
1回 / 8,000円
7回セット / 49,000円
消費税別

☆更にお勧め☆ 基本治療にプラス

[3]フォトフェイシャル

肝斑に特に効果の高い特殊なフィルターをかけた光を、患者様の状態に合わせてプログラムを変えて、当てていきます。


部分(両頬のみ等)
1回 / 10,000円
4回セット / 32,000円
お顔全体
1回 / 25,000円
4回セット / 88,000円
消費税別

ホームケア

当院では美容皮膚科と資生堂研究所で共同研究されたナビジョンシリーズの化粧品をお勧めしております。

日焼け止め

肝斑の治療にはきちんとした日焼け止めを使うことが重要です。 ナビジョンマイルドサンスクリーン  うるおいを補給しながら、強い日ざしからしっかり肌を守る、低刺激・無添加設計のマイルドサンスクリーンです。
SPF31 PA+ 紫外線吸収剤無配合

40ml / 4,000円(消費税別)

スキンケアシリーズ

■肝斑に強い刺激は禁物です。正しい洗顔が大切です。

ナビジョンメーククレンジングオイル

110g / 2,500円(消費税別)

ナビジョンクレンジングフォーム

120g / 2,500円(消費税別)

■メラニン色素の生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、薬用美白化粧水です。みずみずしく肌に広がり、しっとりとしたハリとつやのある肌を実現します。[トラネキサム酸(美白有効成分)配合]

ナビジョンTAローション(W)

医薬部外品 150ml / 6,000円(消費税別)

■メラニン色素の生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、薬用美白乳液です。まろやかなコクのある感触でうるおいを補給し、ハリのあるつややかな肌に導きます。[トラネキサム酸(美白有効成分)配合]

ナビジョンTAエマルジョン(W)

医薬部外品 120ml / 8,000円(消費税別)

■メラニン色素の生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ、美白クリームです。とろけるような感触で肌に広がり、翌朝、なめらかでハリと潤いに満ちた肌を実感できます。[トラネキサム酸(美白有効成分)配合。]

ナビジョンTAクリーム(W)

医薬部外品 30g/15,000円(消費税別)