スキンクリニック

RF(高周波)を照射。フェイスラインの引締め・小顔。GFR(イントラジェン)。フェイスラインのたるみ・引締め、小顔、ゆるみ毛穴。新宿院、大宮院、名古屋院、3院限定。施術の痛みが軽く最小限のダウンタイム!

たるみを引締めてカワイイ小顔も!

「GFR(イントラジェン:Intragen)」は、「RF」と呼ばれる高周波を照射して肌を引き締める治療法です。 RF照射によって真皮に熱を加え、コラーゲンを収縮・産生させることで、緩んだフェイスラインのたるみを引締めたり、肌にハリを出すなどに効果的です。同じRFを用いる医療機器にはサーマクールやテノールなどがありますが、それらに比べ痛みが格段に軽減されており、麻酔は不要で施術後はメイク可能です。ダウンタイムもなく、時間がない方でも手軽に受けられます。

  • 「GFR(イントラジェン)」は照射のみの切らない治療です。
  • フェイスラインやアゴの下等を引締め、スッキリした小顔に
  • タイトニング効果により、頬のタルミの引締めにも効果的

主な治療内容

  • フェイスラインの引締め
  • 小顔効果
  • 目の下のたるみ引締め
  • 二重あごの改善
  • 頬の引締め
  • ほうれい線の改善
  • マリオネットラインの改善
  • ゆるみ毛穴を引締め
  • 肌のハリを向上
  • 弾力の低下を解消

タイトニング効果に優れているため、老化で崩れたフェイスラインを引締めることで小顔効果を得られたり、二重あごも改善することができます。また同時に肌のキメやハリ・弾力などスキンテクスチャーの改善もできます。

【適応範囲】フェイスライン・頬・額・目の下・こめかみ・あご

痛みを最小限に抑えながらも高い効果を発揮する、RF(高周波)治療器「GFR(イントラジェン)」

「RF照射治療は痛い」といった印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 その理由は従来のRF治療器では真皮に熱エネルギーを加える際、同時に表皮にも熱の影響を与えてしまっていたからです。

その点を考慮し「GFR(イントラジェン)」は、面ではなく格子状の線にしてエネルギー照射を行います。格子状の線で照射することで肌表面の照射面積が小さくなり、しっかり熱エネルギーを与えながらも、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。さらに、マルチパルス方式の採用により大量の熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝えるため、痛みを最小限に抑えながら、効果的な治療を行う事ができます。


「GFR(イントラジェン)」は格子状の線で照射

「GFR(イントラジェン)」によるRF照射は<図A>のように正方形のヘッドを面で均一に照射するのではなく<図B>のように格子状の線で照射をします。

図A
<図A>
面で照射⇒表皮に触れる部分が多く痛みが大きい
図B
<図B>GFR(イントラジェン)
格子状の線で照射
RFが皮膚深部で広がる性質を利用し、肌表面の負担を最小限に抑えながら皮膚深部にはコラーゲンのリモデリング(再構築)を促す熱を安全・確実に届けることができます。

肌表面から深くになるにつれ均一な熱分布をもたらし、皮膚の収縮を図るテクノロジー

「GFR(イントラジェン)」の効果は2段階ある

一次効果照射直後にコラーゲン繊維が収縮します。

まず、一次効果としてRF(高周波)照射により、真皮内のコラーゲン繊維が収縮します。この作用により施術直後から2週間の間に、皮膚が縮み一時的に引き締まります。

らせん構造のコラーゲンは、RFにより発生する熱エネルギーを受けて、安定した状態から収縮しボリュームを増します。この効果は、通常1~2週間ほどで落ち着きます。


二次効果時間をかけて、コラーゲンのリモデリング(再構築)が進みます。

その後、二次効果として、熱刺激により創傷治癒反応が起きて繊維芽細胞が活性化、コラーゲンの再構築(リモデリング)が促され、施術約1ヶ月後からメイン効果であるタイトニングが実現されます。この効果の持続は約3ヶ月程度のため、「GFR(イントラジェン)」の治療は3ヶ月から半年に1回をおすすめしています。

熱影響による刺激を受けた繊維芽細胞は、Ⅰ型コラーゲンを生成します。

施術サイクルについて

初めの3回で「改善」、その後半年を目安に「維持」が基本になります。

最初は改善するために、初回の後、3か月後、6か月後と短いサイクルで施術し、その後は維持するためにも半年ごとがベター

最初は改善するために、初回の後、3か月後、6か月後と短いサイクルで施術し、その後は維持するためにも半年ごとがベター

施術の流れ

  • クレンジング
    メイクをしている場合には、クレンジングでしっかりとメイクを落とします。 メイクをしていなくても、洗顔をして皮脂や汚れなどを落として、肌をキレイな状態にします。
  •  
  • テスト照射
    まずはテスト照射で皮膚の抵抗値の解析を行い、肌質に合わせてチューニングします。
  •  
  • 照射
    治療する部分に専用オイルを塗り、RF(高周波)の通りを良くしてから、1ショットずつ照射していきます。医師が患者様一人ひとりの骨格、脂肪、皮膚の状態を観察しながら、最大限の効果が発揮されるようにイントラジェンを照射していきます。

    当院の「GFR(イントラジェン)」照射について
    W(ダブル)照射で効果アップ

    通常の「GFR(イントラジェン)」照射はスタンプを押すように照射します。当院では通常の照射に加えて、肌をなでるように横にスライドさせて照射をしていきます。ダブルの照射でRF(高周波)の熱エネルギーをよりしっかりと入れることでき、直後からの引き締め効果が高まります。

施術時間
約30分程度
施術の目安
最初の3回は3ヵ月間隔で、以降は半年~1年程度の間隔で状態を維持していきます。(ご年齢や肌状態に個人差があり、ご希望の程度にもよります)
施術中の痛み
ほとんどの場合、麻酔なしで施術を受けられますが、痛みには個人差があるため心配な方はご相談ください
メイク
施術後、お帰りの際に可能
シャワー・入浴
施術当日から可能
ダウンタイムリスク副作用について
赤みが残ることもありますが1~2日でほぼ消失します。個人差があります。
紫外線はシミだけでなくシワの原因にもなりますのでUVケアをお勧めします。
禁忌
  • 患部に炎症を起こしている方
  • ペースメーカーや埋め込み式徐細動器を体内に入れている方
  • 金属プレートを埋め込んでいる方、金の糸の施術を受けている方
  • 妊娠している方
  • 糖尿病の方、悪性腫瘍、深刻な皮膚疾患のある方
  • 既往症のある方はご相談ください
  • ヒアルロン酸、ボトックス、脂肪注入2週間以内の方はご相談ください
  • 矯正ブリッジ、インプラントを入れている方はご相談ください

費用について

頬のみ(フェイスライン):
44,000円
首のみ:
44,000円
アゴ裏のみ:
22,000円
頬(フェイスライン)+アゴ裏:
55,000円
全顔:
66,000円
全顔+首:
88,000円

※費用は税込
※ドクターカウンセリング無料
※自由診療になります。

Q&A

「GFR(イントラジェン)」はどのような悩みに適していますか?
タイトニング効果、フェイスライン・頬・額・目の下・こめかみ・あごなど、たるみの引締めに適しています。また、たるんだフェイスラインを引締めることで小顔にするなどの効果もあります。他にも肌にハリや弾力を与えることもできます。
「GFR(イントラジェン)」はどういった治療ですか?
RFの誘電加熱原理を使用しお肌の内部を発熱させ、その熱によりコラーゲンの生成を促し、タイトニング効果、ハリ・シワの改善をすることができます。また、格子状にRFを照射する事で表皮を保護しながら真皮へ作用する事ができ、安全に綺麗なお肌を取り戻せる治療です。
すぐに効果はでますか?
「GFR(イントラジェン)」は二段階で効果を発揮します。施術後すぐにあらわれる一次効果ではハリを実感いただけることが多いです。
施術中に痛みは感じますか?
施術中は熱感がありますが、ほとんどの方は麻酔なしで施術を受けられています。「GFR(イントラジェン)」は他のRF治療と違い、表皮の熱ダメージを抑える設計がされており、サーマクールやテノールは痛くて断念したという方にもオススメです。しかし痛みの感じ方には個人差がありますのでご心配な方は、カウンセリングにて医師にご相談ください。
ダウンタイムはありますか?
肌表面にはRF(高周波)の影響はほぼみられず、見た目には変化がありませんので、お帰りの際はメイクをする事も可能です。患者様によってはまれに赤みが残ることもありますが1 ~ 2日でほぼ消失します。
どの位のペースで通えばいいですか?
「GFR(イントラジェン)」は一次効果と二次効果があります。RFの熱による一時的なハリが出る一次効果は約1~ 2週間続き、その後二次効果としてコラーゲンの生成が3ヶ月をピークにゆっくりと進んでいきますので、3ヶ月~半年に1度の施術がお勧めです。
他の治療を受けているのですが「GFR(イントラジェン)」は受けられますか?
その治療内容によっては「GFR(イントラジェン)」の施術ができない場合があります。カウンセリングの際どんな治療をいつ頃受けたか等、可能な限り情報を医師にお伝えください。
日焼けした場合は受けられますか?
お肌の色に関係なくお受けいただける施術ですが、日焼したばかりで熱を持っている状態等は思わぬ副作用を招きかねませんので落ち着いてからお受けください。しかし紫外線はシミだけでなくシワの原因にもなりますのでUVケアをお勧めします。

病院案内

新宿東口スキンクリニック【健康保険取扱医療機関】

所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-21-6龍生堂ビル5F
◆JR山手線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆東京メトロ丸の内線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆西武新宿線/西武新宿駅(北口)より徒歩5分
◆都営地下鉄大江戸線/新宿西口駅(B10出口)より徒歩10分
電話番号
新宿院直通 03-5379-0229
院長
伊藤 芳憲
  • 昭和53年 昭和大学医学部 卒業
  • 平成24年 新宿東口スキンクリニック
受付
火・水・金・土/10:00~19:00
日・祝/10:00~17:00 月・木曜休

大宮スキンクリニック【健康保険取扱医療機関】

所在地
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-36見留ビル3F
◆大宮駅東口より徒歩4分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
大宮院直通 048-646-0233
院長
石井 良典
  • 昭和63年 日本大学医学部卒業
  • 平成 4年 大宮スキンクリニック開院
受付
月~土/10:00~19:00
祝/10:00~17:00 日曜休

名古屋皮膚科クリニック

所在地
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-14-19富田ビル4F
◆名古屋市営地下鉄東山線 栄駅(13番出口)より徒歩2分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
名古屋院直通 052-263-9958
院長
一氏 俊世
  • 平成5年 北里大学医学部 卒業
  • 令和2年 名古屋皮膚科クリニック
受付
11:00~18:00(予約制)